FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
この場所だからこそ。
本部研修前、仕事に就いていない期間がありました。
仕事をする場のない現実が、精神的にきつかったことを思い出します。
この場所にいさせていただけることがありがたく、そしてこの場所だからこそ学べることがあることを、今強く感じています。

3ヶ月前の移転時、鳥取の本部からコーチが来松して下さった時も感じました。
研修中に座学や現場研修で指導していただいたコーチだったので、緊張感の中一緒にお手伝いさせていただきました。

マシンの解体から固定、梱包、搬出、搬入、組み立て、調整、整備という手順、本部のコーチがいらっしゃらなければとてもできるものではありません。
合わせて、作業の段取り、発案・決断のスピード、多角的な視点など、一緒に仕事させていただくこと自体が勉強になる時間でした。

鳥取の本部でも経験しました。
陸上合宿にある高校生のご姉弟が来られた時のこと。
小学生の頃から通われていて、その真摯に学ばれる様子は印象的でした。
そのお2人ですが、ジムへの出入りの際、入口できちんと一礼をされるのです。
できていなかった自分に気づき、それ以降私も心がけるようにしています。

プライベートでも時々あります。
小説を読んでいる最中も、フッと良い言葉に出会って自分の中で反応が起こる瞬間があるのです。
これも今の仕事に就いていなければ得られなかった感覚かと思います。

「エラーは気づいた瞬間に直すのが、最速で最良だ。」

これは海堂尊さんの「医学のたまご」(理論社)という小説の中の一節です。
海堂尊さん、「チーム・バチスタの栄光」(宝島社)の作者の方と言えば、思い出される方も多いのではないでしょうか。
仕事でも失敗が多く、その際つい言い訳を探しがちな私には大切な言葉の1つになっています。

どれもこの場所にいさせていただければこそだと思います。
まだまだ学べることが沢山あるのを、改めて実感する今日この頃です。
スポンサーサイト
[2013/09/02 00:00] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<この夏。この1年。 | ホーム | トレーニングとの出会い。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://worldwingmatsuyama2.blog.fc2.com/tb.php/5-5b09fd7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。